シーズーのしつけ・性格・値段・歴史・寿命

口に異常がないか確認する

 

シーズーの口についてですが、多くの場合下あご、上あごよりも前に出ている、いわゆる受け口の子もいます。

 

これをアンダーの噛みあわせと呼ぶこともあるようですね。

 

しかし、これは異常と言うわけではなく、シーズーにはよくみられる噛みあわせなので、特に心配する必要はないと言われています。

 

ただし、どうしてもその構造上、歯垢が付きやすくなるようですね。

 

受け口の子の場合には、仔犬の頃からの歯磨きの習慣を付けることで、この問題も解決するでしょう。

 

また、シーズーの中には歯がきちんと生えてこないケースも見られます。

 

生えていてもとても小さい歯だったり、成長も遅い場合があるので、常に口の中の状態を見られるように、しつけもしっかりとしておきましょう。

 

歯茎に埋もれてしまっている状態で、表面にうっすらと白い歯が見え隠れしている状態のシーズーを見たことがありました。

 

この場合は硬いカリカリのドッグフードを噛み砕くことができないので、やわらかい缶詰を食べさせることになります。

 

少しだけ生えている、または表面だけ出ている場合でも、どうしても柔らかいものだと食べていると汚れやすくなるので、ガーゼなどで拭き取ってあげるようにしましょう。

 

犬も年を取った時に、歯がしっかりと生えていれば食事も普通にできますので、これが長生きの秘けつになります。

 

こういうところは、人間と同じなんですね。

 

歯磨きは犬にとっても大切なことなので、習慣にすることが大事です。