シーズーのしつけ・性格・値段・歴史・寿命

シーズーと犬種の違う犬を多頭飼いする場合

 

シーズーは基本的にとても温厚で、誰とでも仲良くなれる犬種だと言われています。

 

シーズーと犬種の違う犬を多頭飼いする場合でも、最初に先住犬を優先させるというルールと、飼い主がしっかりと群れのリーダーであるという自覚をもってしつけをし、犬と接していけば大抵の場合は問題なく上手く行くはずです。

 

シーズーが先住犬の場合には、後から来る仔犬が違う犬種であっても、先住犬を優先させ仔犬に群れの順序を教えていきましょう。

 

他の犬種が先住犬で、後からシーズーを迎える場合も同じです。

 

多頭飼いの場合には、何をするにも先住犬を優先させることが大切になります。

 

飼い主(リーダー)が犬と接する時、犬はその順序をよく見てます。

 

仔犬だからと、つい見た目の可愛さからこの順序を乱してしまうと、仔犬なりにこのことを学習してしまい、自分の方が偉いのだと勘違いしてしまうようになります。

 

同じ家族の一員で可愛い愛犬であっても、群れには順序が存在し、家に来た順に接していくことが大切です。

 

犬種によって、その種が持つ特性や性格などもありますが、個体差もあるので犬同士の相性なども考えておくことも大切ですね。

 

大人しくて神経質な犬種は、もしかしたら明るく天真爛漫な性格のシーズーとは、合わない部分もあるかもしれません。

 

シーズーと犬種の違う犬を多頭飼いする場合には、犬同士の性格なども考えてみましょう。

 

必ずペットショップやブリーダーに先住犬を連れて行き、仔犬と会わせて相性を見てから決めるようにしましょう。

 

また、先住犬が老犬の場合は、仔犬を迎えて元気になる場合と、疲れてストレスを溜める場合の両パターンがあります。

 

犬の性格を考慮して、多頭飼いが適切かどうかを判断しましょう。