シーズーのしつけ・性格・値段・歴史・寿命

シーズーのオスとメスを多頭飼いする場合

 

多頭飼いをする時には、必ずしも同性であるとは限りません。

 

オスとメスの場合になれば、仔犬のうちはいいのですが、成長と共に自然の摂理で繁殖をしようとします。

 

兄妹犬や親子の場合には、交配には向いていませんし、血の繋がりが無い場合でも遺伝性の病気などがある場合には、繁殖には向かない犬という事になります。

 

安易で無責任な考え方で、交配させてしまうと病気がちで弱かったり、病気で苦しんだり、、産まれても長く生きられない可哀そうな仔犬をこの世に送り出すことになります。

 

シーズーのオスとメスを多頭飼いする場合には、最初にこういったことも十分考えてから飼うようにしましょう。

 

繁殖をさせないと決めても、メスに発情期(生理)が来た時、近くにいるオスは本能的にメスを追い求めようとします。

 

サークルなどで離ればなれにしても、発情しているメスを目の前にして、オスに我慢させるのは、ある意味残酷なことになります。

 

この場合には、去勢手術や避妊手術も考えておきたいですね。

 

手術をしてしまうのは一見可哀そうなことのようにも思えますが、将来的なオス特有の病気や、メス特有の病気の予防にもつながるので、デメリットばかりではありません。

 

シーズーのオスとメスを多頭飼いする場合には、どちらか、もしくは両方の手術のことも選択肢の一つに入れておくといいでしょう。