シーズーのしつけ・性格・値段・歴史・寿命

最初に上下関係のしつけをする

 

多頭飼いの場合には、守るべきルールがいくつかあります。

 

その中の一つが、最初に上下関係のしつけをすることです。

 

最初に上下関係のしつけをすることは、多頭飼いをする上でとても大切なことになります。

 

犬は群れで行動する習性があり、家族を一つの群れとみなし生活をします。

 

飼い主さんがリーダーで、その次が先住犬、後から来た犬は来た順番に順序が決まって行きます。

 

先住犬が飼い主さんに「絶対服従」ができていると、群の生活がとてもスムーズです。

 

もしも後から新たに犬を迎える場合には、飼い主さんがリーダーであることを学習させることも大切ですが、先住犬を優先させることも大切なことと覚えておきましょう。

 

食事を食べさせる時、おやつをあげる時、スキンシップの時なども全てにおいて、先住犬を優先させます。

 

こうすることで、後から来た犬は自分が群れの中で一番立場が低い、下であるという事を自然と学んでいきます。

 

仔犬を後から迎えた場合には、見た目の可愛さから、ついつい甘やかしたり、仔犬を優先してしまいがちですが、これは絶対にやってはいけない事です。

 

仔犬を優先してしまうと先住犬を敬わなくなり、自分の方が偉いと勘違いしてしまいます。

 

シーズーは比較的温厚で、あまり喧嘩などはしない犬種ですが、犬によって性格にも個体差があるので、やきもちを焼いたり、拗ねてしまう場合もあるので注意しましょう。

 

たまに、性格のきつい子のがいる場合には、群れの順位をわからせようと威嚇したり、喧嘩になってしまう場合があります。

 

この場合は過剰に犬の関係に踏み入ってしまうことはしないようにしましょう。

 

群のルールを作っている時は、生死に関わるような攻撃をすることはほとんどないので、静かに様子を見ましょう。