シーズーのしつけ・性格・値段・歴史・寿命

シーズーの拾い食いのしつけ

 

シーズーに限らず、これは全ての犬種に言える事なので、覚えておいてくださいね。

 

まずは、仔犬の頃に下に落ちている物を食べないとように徹底させます。

 

このためには、室内での環境作りも重要になってきます。

 

犬は床に何か落ちていたら、それがなんであるか確認しようとします。

 

とりあえず、いったん口に入れ噛んで確かめ、食べられるものであれば食べてしまいますし、小さい物の場合には、誤飲してしまう事もあるでしょう。

 

食べても安全なものならいいのですが、人間にとって良いとされる食材でも、犬にとっては毒になる場合もありますし、中毒を引き起こすこともあります。

 

小さい乾電池やボタンを誤飲してしまったら、気管に詰まり窒息してしまうかもしれません。

 

些細なことですが、犬にとっては命に関わる事にもなりかねないのです。

 

室内を常に整理整頓して、床に物を置かないように徹底することで、これを避けることができます。

 

飼い主さんにとって大切なものも、犬の歩くところには置かないようにしましょう。

 

床に何か落ちていて、それを犬が食べてしまったり、噛んでしまった場合には、そういう環境を作った飼い主さんが悪いのです。

 

犬におもちゃは噛んでもいいけど、ぬいぐるみは噛んではだめよと教えても、それを理解させるのは無理です。

 

大切なものや食べ物は床に置かないよう徹底しましょう。

 

もしも拾い食いを目撃した時には、すぐに口の中からそれを取り出し、イケナイことと教えます。

 

叱る時にはその場ですぐにし、タイミングも大切です。

 

室内で徹底しておけば、散歩に行った時にも拾い食いはしないようになりますよ。