シーズーのしつけ・性格・値段・歴史・寿命

シーズーのハウスのしつけ

 

ハウスのしつけのポイントは、仔犬の頃からハウスを居心地がよく、安心できる場所と理解させることが大切です。

 

私の場合で言うと、普段は基本的に室内で自由にさせています。

 

もちろん、トイレのしつけも苦労した時期もありましたが、一応完璧にトイレができていることを前提としてお話をします。

 

私は多頭飼いなので、各犬それぞれが自分の居心地のいい場所を見つけ、そこをお気にり入りの場所として思い思いに過ごしています。

 

長時間の留守番をさせる時には、いたずらをしてしまう事もあるので、ハウスの中で留守番をさせますが、ハウスと言えばすぐに言う事を聞いて入ってくれます。

 

普段何もない時でも、誰かがいたずらをして私に叱られると、何もしていない子まで、ハウスの中に避難しています(笑)

 

ハウスはいざと言う時の避難場所にもなっているみたいです。

 

これは、一番安心できる場所だからと言う事を理解してくれていると思っています。

 

仔犬の頃には、最初の数日間はハウスやサークルの中で過ごさせますね。

 

この時、犬はここが自分の居場所であり、安心して眠れる場所だと学習していきます。

 

最初の数日間はできるだけかまわずに、そっとしておくのもしつけです。

 

将来、基本的に室内で自由に過ごさせる場合でも、ハウスを置いて安心できる場所を確保してあげましょう。

 

ハウスの場所を理解していれば、ハウスと声をかければ自分から入るようになっていきます。

 

最初はできなくても、飼い主さんが上手く誘導して、上手にハウスができたら褒めてあげましょう。

 

これを根気よく繰り返していくと、ハウスを覚えるようになります。