シーズーのしつけ・性格・値段・歴史・寿命

シーズーの甘噛みのしつけ

 

シーズーに限らず、仔犬の時はどの犬種でも甘噛みをします。

 

仔犬と言っても、遊んでいるうちに興奮してつい強く噛んでしまう事もありますが、この時はかなり痛い思いをします。

 

悪気はないとわかっていてもかなり痛いですし、場合によっては怪我をしてしまう事だってあるでしょう。

 

犬は何かを確認する時に、口に入れて噛んで確かめる習性があります。

 

飼い主さんの手を舐める行為は、甘えている行為でもありますが、これがエスカレートすると、甘噛みになり、つい本気で噛んでしまう事もあるのです。

 

遊んでいる時に飼い主さんの手を舐めてきたら、叱ったりせず止めさせましょう。

 

おもちゃなどを与えてそれを舐めたり、噛ませるようにしていきます。

 

もしも手や足を甘噛みしてきた時には、「痛い!」とか「あー!」と大きな声を出してみましょう。

 

大きな声に驚き、甘噛みを止めます。

 

噛むと「大きな声がする=嫌なことが起きる」と学習することで、甘噛みをしないようになります。

 

それでも止めない時には、マズルを軽くつかみイケナイと教えます。

 

しつこい時には、口の中に手を突っ込んで「オエ」っとなるまでしてみましょう。

 

これは犬も嫌がるので、しつこく甘噛みをする時などに効果があります。

 

どちらの場合も力は必要ありませんので、手加減してあげてくださいね。