シーズーのしつけ・性格・値段・歴史・寿命

シーズーのトイレのしつけ

 

トイレのしつけは、一番苦労するかもしれません。

 

色々な考え方とやり方がありますが、私は仔犬の頃にサークルの中でトイレをするようにしていました。

 

ハウスとトイレを一緒にするのは良くないと考える人もいますが、仕切りを付けることでこれは解決できると思います。

 

仔犬の時は、寝起きと食後にトイレをしますので、まずハウスで寝かせ、目覚めたら外に出てきますね。

 

この時、ハウスの前にトイレを置くことで、そこでトイレをすることを自然と覚えてくれるようになります。

 

トイレにはペットシーツを敷いておくので、シーツを取り替える時に少し臭いを付けてから取り替えると、次にトイレをする時、臭いを頼りにトイレができるのでオススメです。

 

サークルの外で遊ばせている時に、急にソワソワしたりすることもありますが、この時は大抵トイレをしたいというサインです。

 

すぐにトイレまで連れて行きましょう。

 

上手にできたら褒めてあげることも忘れずにしましょう。

 

仔犬のうちはトイレを失敗することも多くなりますが、これはできなくて当たり前、普通の事なのだと思っておくといいですね。

 

失敗した時、きつく叱ってしまうと、トイレの場所ではなく、排泄自体を悪いことと思い込み、隠れてトイレをするようになってしまいます。

 

サークルの中でトイレができるようになると、ペットシーツの上でトイレをすることを覚えていきます。

 

成長と共にトイレをサークルの外に移動する時も、少しずつペットシーツを移動させることで、最終的にトイレを他の場所に移動させることもできるようになります。

 

トイレのタイミングは成犬になってからもほとんど同じです。

 

トイレのタイミングと、ペットシーツを上手に使ってトイレをしつけていきましょう。