シーズーのしつけ・性格・値段・歴史・寿命

「お座り」・「伏せ」・「待て」のしつけ

 

犬のしつけには色々なものがありますが、基本的なしつけは「お座り」、「伏せ」、「待て」の3つになります。

 

「おて」、「おかわり」などを教える人もいますが、私はこの基本的な3つしか教えていません。

 

でも、犬と一緒に生活する上で何も不自由はありませんし、むしろいらないことをあれこれ教えるよりも、しつけもしやすいですし、これで良かったと思っています。

 

この基本の3つのことさえしっかりとできていれば、他のことは後になってからでも教えていくことができます。

 

お座りは、犬をその場に座らせることができます。

 

合わせて伏せをさせることで、犬が興奮してしまった時などに、それを抑えることもできます。

 

待ても同じように大切なしつけですね。

 

ご飯やおやつの時も待てとコマンドを出し、飼い主さんがヨシと言うまで待たせることができます。

 

逆に言えば、飼い主をリーダーなのだと認めさせることにもつながります。

 

犬は群れで行動する習性があります。

 

家族を群れとみなし、飼い主さんをリーダーと認めていれば、リーダーの許可なしに食事をすることはできませんので、待てもきちんとできるはずです。

 

おやつを与える時もそうです。

 

待てをさせてから、飛びつかずに待つことができたら「ヨシ」と言って食べさせます。

 

何かをする際、全てにおいて基本になるのは、「お座り」、「伏せ」、「待て」です。

 

まずはこの3つをしっかりと覚えさせましょう。