シーズーのしつけ・性格・値段・歴史・寿命

犬の上下関係は絶対

 

犬は群れで行動する習性があります。

 

群れの中でもリーダーを頂点に、それぞれのグループのようなものができます。

 

群れの大きさによって違いますが、その中には上下関係が存在しており、犬の上下関係は絶対です。

 

一度リーダーや上の立場であると認識した相手には、逆らうことはありません。

 

犬のしつけをする時に、この習性を上手く利用し、飼い主がリーダーであり、立場が上なのだと理解させれば、犬は絶対に逆らう事はしません。

 

このためには、毅然とした態度で臨み、一貫してその態度を貫くことが大切です。

 

犬のご機嫌を伺うようなな態度や、犬の要求を簡単に呑んでしまうことはしてはいけません。

 

一度でも自分の要求が通ってしまえば、犬は自分の方が立場が上なのだと勘違いしてしまいます。

 

こうなると上下関係が逆転してしまうので、気に入らないことがあった時に、威嚇したり、噛みつくなどの問題行動に発展してしまいます。

 

まず最初に飼い主がリーダーであり、立場が上なのだという事を理解させていきましょう。

 

犬はリーダーに従う事で、安全も確保されることを本能的に知っています。

 

飼い主さんをリーダーと認めさせることが、犬の幸せにもつながるという事なんですね。