シーズーのしつけ・性格・値段・歴史・寿命

冬場は食事の量を少し増やす

 

気温が下がってくると、体温を維持するためにたくさんのエネルギーが必要になります。

 

冬場は人間も犬も同じように、食欲が増すのはこのためなんですね。

 

季節によって食欲が出たり、低下するのは人間も犬も同じです。

 

ですので、季節によって食事の量を変えてみましょう。

 

私たち人間であれば、冬は温かい鍋料理や体の温まるものを食べますよね。

 

食べる量も知らず知らずのうちに増えていて、「あれ?最近ちょっと太った?」なんてこともあります。(笑)

 

犬だからと言って、寒い冬にごくわずかなドッグフードだけだったり、冷たい缶詰をそのまま食べさせるのはちょっと可哀そうな気もします。

 

室内で飼っていても冬はたくさんのエネルギー補給が必要になります。

 

これを補うのは、食べることが一番効果的ですね。

 

ドッグフードの量はそのままか、いつもよりちょっぴり増やして、犬用に作った野菜とお肉を水煮したものを混ぜてあげたり、缶詰をプラスしてもいいですね。

 

私も冬場は少しドッグフードの量を増やして与えています。

 

ちょっと多すぎて体重が重くなって来たと感じることもありますが、健康を害するほどでなければ冬の間だけはちょっとふっくらしてきても気にしません。

 

夏になれば自然と元に戻っているので、これで良いかな〜と思っています。

 

季節に合わせた食事や健康管理をするようにしましょう。