シーズーのしつけ・性格・値段・歴史・寿命

食べ過ぎに注意する

 

シーズーは、特に肥満になりやすいので、食べ過ぎに注意する事が大切です。

 

小型犬というと華奢なイメージですが、シーズーは意外と筋肉質な体をしています。

 

太らせてしまうと、腰や背骨に負担がかかり、椎間板ヘルニアなどの病気になったり、糖尿病など他の病気になる可能性も高くなります。

 

心臓や呼吸器系など、肥満から来る病気もたくさんあるので、食べ過ぎに注意しましょう。

 

肥満まで行かなくても、食べ過ぎでお腹を壊してしまう事もあります。

 

食が細い子の場合は、食事の量が多ければ残しますが、食いしん坊さんの場合には、出されたものは全部食べてしまうので、1回の食事の量や1日に必要な食事の量を見極めることが大切ですね。

 

シーズーの多頭飼いをしている人も多いと思います。

 

同じ犬種でも個体差があるので、当然食べる量も違ってきます。

 

他の子が残した物を片付ける係の子がいたり、気の強い子がご飯を横取りしてしまう事もあったりしますね(笑)

 

食事の時には、できるだけ食べ終わるまで様子を見張ることも大切です。

 

毎日きちんと決まった量を食べさせているのに、やけに太る子がいた場合には、他の子の分を食べていることもあるので注意しましょう。

 

ドッグフードのメーカーによっては、年齢に合ったフードを選んでいても、脂肪分の高いものがあったりします。

 

こういう場合には、自然派のヘルシーなフードに切り替えてみるのもいいですね。