シーズーのしつけ・性格・値段・歴史・寿命

食べ終わったらすぐに片付ける

 

犬の食事が終わったら、すぐに片づけるようにしましょう。

 

食べ終わった後に、いつまでも食器をペロペロと舐めている場合、量が少なくて足りていないのかもしれません。

 

そういう場合には、少し量を増やしてみましょう。

 

キレイに食べてくれればいいのですが、残す場合もありますね。

 

偏食の癖が付いてしまうと、それを直すのはかなり時間がかかりますし、犬の健康状態にも影響が出てきます。

 

いつまでも食器をそのままにしておくと、食器をおもちゃにしてしまったり、いつでも食事が食べられると勘違いしてしまう事があります。

 

食事が食べられなくなるという危機感がゼロになるので、わがままな犬になってしまう事もあります。

 

これはしつけの面でもあまりよくないので、食事の時間だけ食器を出して、食べ終わったら片付けるという習慣を付けていきましょう。

 

飼い主さんが決まった時間に食事を与え、食べようと食べまいと時間になったら食器を片づけてしまえば、犬はこの時に食べないとご飯が食べられないと学習します。

 

同時に、誰がリーダーであるかも理解していきます。

 

常に新鮮なお水をたっぷりと用意しておきます。

 

食後にお水を飲むと、食べカスなどが水に入り込みます。

 

そのままにしておくと、水も汚くなってしまうので、毎回取り替えてあげましょう。