シーズーのしつけ・性格・値段・歴史・寿命

成長に合わせてフードを切り替える

 

仔犬のうちは、毎日成長していくためにたくさんの栄養を必要とします。

 

丈夫な骨や体を作るためにも、とても大切なことですね。

 

成犬になれば、体の成長も止まりますので、仔犬の頃に必要だった栄養素とは少し内容も変わってきます。

 

シニア犬や高齢犬になった場でもそうですね。

 

犬も人間と同じように、年齢に合った食事内容を考えてあげましょう。

 

仔犬の頃は、栄養価の高いパピー用のドッグフードを食べさせます。

 

成犬になる時期に、少しずつアダルト用に切り替えていきます。

 

アダルト用のドッグフードは、一番長く使うものなので、犬の体質に合った良質の物を選んであげましょう。

 

5歳を過ぎた頃から、少しずつ年齢に合わせた栄養バランスを考えることになります。

 

ドッグフードのメーカーによっても変わってきますが、5歳以上用、7歳以上用と言ったように犬の年齢に合わせたフードがあるので、その都度切り替えていきます。

 

ドッグフードを切り替える時は、いきなり全部変えてしまうのではなく、少しずつ割合を変えて調節していきます。

 

突然変えてしまうと、お腹を壊してしまうので、必ず少しずつ分量を変えて、最終的に全部切り替えるようにしていきましょう。

 

今までのドッグフードと香りが違うと、喜んで食べてくれるのですが、お腹を壊せば体調を崩す原因にもなりますし、食べなくなってしまう事もあります。

 

ですので、少しずつ様子を見ながら、変えていきましょう。