シーズーのしつけ・性格・値段・歴史・寿命

夜鳴きの対応

 

シーズの仔犬を新しく家族として迎え入れた日から数日間は必ず夜鳴きをします。

 

これは飼い主になると決めた以上、必ず通らなくてはいけない道だと覚悟しておきましょう。

 

仔犬と言っても、まだまだ赤ちゃんと同じです。

 

人間の赤ちゃんも夜泣きをしますよね。

 

仔犬は新しい環境に馴染めず、お母さんや兄妹達を思い出し、寂しくて仕方がありません。

 

夜鳴きしている場合は、可哀そうに思えるかもしれませんが、無視するしかありません。

 

仔犬が新しい環境に慣れるまで、根気よく無視し続けましょう。

 

数日もすれば、鳴いてもどうにもならないことを学習するので、最初は少し鳴いてもすぐに眠るようになります。

 

もし飼い主さんが根負けしてしまい様子を見に行ったり、抱き上げて話しかけてしまうと、仔犬とは言え、しっかりと学習してしまいます。

 

「鳴けば飼い主さんが来てくれる!」、「鳴けば抱っこしてもらえる!」という事を覚えたら、夜鳴きは酷くなりますし、その後も何かして欲しいと思う度に鳴くようになります。

 

どうしても鳴きやまない時には、寝室にサークルを置いてみましょう。

 

そばに人の気配があるだけでも安心して眠ってくれることがあります。

 

少し肌寒い時期や冬なら、ペット専用のヒーターを入れてあげましょう。

 

温まることで安心して眠れるかもしれません。

 

時計の秒針の音が母犬の心臓の音とよく似ていることから、時計を近くに置くと安心するという説もあるので試してみてはいかがでしょうか?

 

夜鳴きの場合は、ものすごく悲しそうな声で鳴き続けるので、飼い主さんも我慢が必要ですね。