シーズーのしつけ・性格・値段・歴史・寿命

シーズーの暑さ対策

 

シーズーに限らず、仔犬はとても繊細です。

 

シーズーは寒さには比較的強いと言われていますが、暑さには弱い犬種なので、夏の暑さ対策は特に気を使ってあげましょう。

 

仔犬のうちは、まだ自分で上手に体温調節ができません。

 

だからと言って、凍えてしまうほどクーラーの設定温度を下げましょうと言う事ではありません。

 

一般的には、犬が快適だと感じる温度は、20℃〜28℃だと言われています。

 

しかし、日本の夏は蒸し暑く湿度もあるので、温度だけではなく湿度のことも考えてあげましょう。

 

室内でも涼しい風の通る場所に、ハウスやサークルを置いてあげましょう。

 

上に乗るとひんやりと冷たく感じるマットなどがあるので、そういうものを置いてあげるのもいいですね。

 

 

クーラーを付けていても、直射日光の当たる場所にサークルを置いている場合は、そこだけ高温になり、逃げ場がない時は熱射病になる可能性もあります。

 

常に仔犬の状態を見て、暑そうにしていたらクーラーの温度を下げたり、寒そうにしていたら、夏用のTシャツを着せたり、クーラーの温度を少し上げるなどしてください。

 

もしも、お留守番をさせる場合は、カーテンを閉めたり、直射日光が犬に当たらないように工夫しましょう。

 

夏場は室内でも熱射病になる犬も多いので、仔犬のうちは特に注意が必要です。