シーズーのしつけ・性格・値段・歴史・寿命

犬の登録をする

 

犬を飼ったら登録をするのは、飼い主の義務であり責任です。

 

「生後91日以上の犬を飼い始めた日から、30日以内に犬の登録をしなければならない。」

 

これは狂犬病予防法という法律で定められていることです。

 

犬の登録は生涯に一度でいいので、必ず飼い主になったら犬の登録をしましょう。

 

動物病院の治療費などは差がありますが、犬の登録は3,000円と決まっていますので、できるだけ早く届け出をしましょう。

 

多くの場合は、初めて健康診断で動物病院を訪れた時や、それ以降に狂犬病の予防接種をしますので、その時にもらう証明書を持って保健所に行けば登録をすることができます。

 

詳しい方法などは、各市町村の保健所や役所で教えてもらえると思いますので、問い合わせてみてください。

 

犬の登録をすると、犬鑑札というプレートが発行されます。

 

これを犬の首輪につけておくことで、もしも迷子になった時には、その犬が誰の犬かわかるようになっています。

 

地域によっては、ドッグランを利用する際、犬鑑札や狂犬病の予防接種が済んでいることを証明できない場合は、利用できないところもあるので必ず行いましょう。

 

犬鑑札は、以前はなんだか冷たい感じのするただの金属のプレートでしたが、最近では犬の形をしたものや、骨の形、肉キュウの形をしたものに変わってきています。

 

これも各市町村によって色々あるので、どんな犬鑑札がもらえるか楽しみですね。