シーズーのしつけ・性格・値段・歴史・寿命

ペット用ヒーターの選び方

 

寒さには強いと言われているシーズー犬ですが、室内で生活していれば、やはり冬には寒がりますし、寒い思いをさせた時には風邪を引くこともあります。

 

日中や飼い主さんが起きている間は暖房があるのでいいのですが、寝た後には室内と言っても冷え込みますね。

 

こういう時には、ペット用ヒーターがとても重宝します。

 

 

ホットカーペットや、携帯用の使い捨てカイロの場合には、犬にとっては熱すぎてしまう事もありますし、気づかないうちに低温やけどをさせてしまう事もあります。

 

でも、ペット用ヒーターはペット専用に開発されているので、熱すぎることなく、ペットにとって快適な温度を保ってくれます。

 

ペット用ヒーターの上には、タオルを敷いたり、クッションを敷いておけば、その上で寝るだけでヌクヌクと暖かく過ごすことができます。

 

特に仔犬や高齢犬になると、自分で体温調節が上手くできないので、ペット用ヒーターがあると役に立ちます。

 

最近ではペット用のベッドにも、ペット用ヒーターのコードを通す穴があいていて、そのままセットできるタイプのベッドやハウスもあるので、さらに使いやすくなっています。

 

サイズもSサイズ〜Lサイズなど、犬の大きさに合わせて選ぶことができます。

 

シーズーなら、Mサイズくらいでちょうどいいのではないでしょうか?

 

メーカーによっては規格が違うので、シーズーの体格に合うものを選んであげましょう。