シーズーのしつけ・性格・値段・歴史・寿命

性格テストでしつけやすいかを確認する

 

仔犬の性格を見極めるテストがあります。

 

同じ犬種でも性格は個体差があるので、兄妹犬だとしても性格は様々です。

 

人間にも個性があるように、犬にも個性があると言う事ですね。

 

犬も生まれ持った性格というのがあります。

 

これは性格テストを行う事である程度、見極めることができます。

 

細かく分けると10項目以上になるので、ここでは気質を見極めるテスト法を紹介しておきます。

 

1.仔犬を広い場所(リビングや廊下など)に連れて行き、仔犬から少し離れたところで、名前を呼んだり、手を叩いて仔犬の注意をひいてみましょう。

 

2.今度は同じ場所でもいいので、仔犬のそばを歩いてみましょう。

 

3.次に仔犬を仰向けにして寝かせ、片方の手で優しく動けないように抑え30秒待ちます。

 

4.次は仔犬の正面に回り、体を触ってみましょう。

 

5.仔犬を両手で支え、床から離して持ちあげます。

 

この時の仔犬の反応の仕方で、仔犬の性格をある程度、見極めることができます。

 

例えば、テスト1の子犬を呼んだ時の反応ですが、すぐに飼い主の方へ駆け寄ってきたとしても、手を甘噛みしたり、飛びついたりした時には、支配性がとても強いと言えます。

 

すぐに近寄ってきても、尻尾を立てている場合は、ちょっぴり支配性が強い傾向にあります。

 

尻尾を下げてゆっくり、または遠回りして近寄ってくる場合は、ちょっぴり従属性が強く、お腹を出す場合いには、かなり従属性が強いと言えます。

 

抱き上げたり、抑えたりした時、暴れたり、噛みついたり、唸り声をあげる子は支配性が強く、大人しくされるがままにしている子は、従属性が強いと言う事になります。

 

仔犬の性格をある程度把握しておくと、しつけの時にも役に立つので、性格テストをしておくといいでしょう。