シーズーのしつけ・性格・値段・歴史・寿命

シーズーを動物愛護センターからもらう

 

シーズーを飼いたいと思った時には、お住まいの動物愛護センターに足を運んでみるのもいいですね。

 

100%シーズーの仔犬に巡り合えるという保証はありませんが、もしかしたらいるかもしれません。

 

動物愛護センターには、何らかの事情で飼育できなくなったり、捨てられてしまったり、飼育放棄や飼育崩壊した飼い主さんから引き取られた犬が保護されています。

 

どんな事情があるにせよ、一度犬を飼うと決めたなら、最後まで責任をもって可愛がるべきだと思います。

 

犬だって、他から見たら酷い飼い主だとしても、飼い主に愛情を持っていますし、信頼もしています。

 

それを裏切る事にもなるので、当然深く傷つく犬もいるのです。

 

こればかりは、私がここで騒いだところでどうにもならないのですが、動物愛護センターから引き取り里親になるというのは、犬の一生を背負う事、責任のあることなのだと理解してほしいと思います。

 

動物愛護センターでシーズーに出会えたとしても、必ずしも里親になれるとは限りません。

 

家庭環境や、家族構成などいくつかの質問をされると思います。

 

シーズーはとても性格が良いので、小さい子供のいるご家庭でも飼う事ができますが、家にほとんど人がいない(仕事などで)とか、犬を飼う環境に適していないと判断されたら、断られる可能性もあります。

 

動物愛護センターに行く前に、もう一度、シーズーを飼う事ができる環境かどうか、家族とよく話し合ってから決めてくださいね。