シーズーのしつけ・性格・値段・歴史・寿命

シーズーを友人・知人などからもらう

 

シーズーの仔犬が欲しいと思った時、もしも身近な人の飼っているシーズーに仔犬が産まれたら譲ってもらうという方法もありますね。

 

シーズーを飼ったら、仔犬を産ませてみたいと思う飼い主さんも多いと思います。

 

しかし、交配をさせる前には、遺伝性の疾患がないかなど、必ず確認してからにしましょう。

 

母犬や父犬が何かの遺伝性の病気を持っている時、必ず仔犬にも遺伝します。

 

遺伝性の病気を持っている犬は繁殖には向かないので、仔犬は諦める覚悟も必要ですね。

 

それをクリアしているなら、交配させてもいいと思います。

 

一般家庭で産まれた仔犬は、言ってみれば素人さんが産ませた仔犬なので、販売許可を持っていませんね。

 

素人さんが仔犬に値段を付けて販売することはできませんし、販売すると法律違反になります。

 

ペットショップでも、物取扱業登録証を持っていない場合にはお店を経営していくことができなくなっているので、覚えておきましょう。

 

しかし、仔犬を渡すまでにかかったフード代やペットシーツ代、ワクチン接種をしている場合には、それまでにかかった費用を受け取るのはヨシとされているので、そこのところは当事者同士で話し合いをしてみるといいですね。

 

ブリーダーと同じように、一般家庭で産まれた場合は、母犬と兄妹犬と過ごす時間が長く、仔犬も健康で丈夫に育つので、友人・知人などからもらえる人はラッキーだと思います。