シーズーのしつけ・性格・値段・歴史・寿命

シーズーをペットショップから購入する

 

シーズーの仔犬を飼おうと決めたら、多くの人がペットショップに足を運ぶことになると思います。

 

ペットショップには様々な形態があり、大型のショッピングセンター内にあるチェーン店のようなものもあれば、個人が経営しているペットショップもありますね。

 

シーズーは、人気犬種ランキングなどでも常に上位にランクインしているほど根強い人気の犬種です。

 

この為、シーズーがいるペットショップも多いと思います。

 

小型犬にも色々ありますが、神経質で甘えん坊でと少々気難しい面を持っている犬種が多い中、シーズーは天真爛漫という言葉がピッタリの犬種です。

 

とにかく、明るく元気よく、性格も良く、人見知りをしませんので、小さい子供やお年寄りでもすぐに仲良しになってくれるでしょう。

 

飼い主にはとても忠実で、甘えん坊なところもあるのですが、ちょっと頑固でプライドの高い一面もあったりと、見ていて飽きないのも人気の理由だと思います。

 

ペットショップで購入する場合には、お店や地域によっても価格が色々ありますが、まず店内が清潔であるかをチェックしましょう。

 

仔犬がいるケージの中は常にキレイにしてあるか、食べ残しの餌をそのままにしていないかなどを確認しましょう。

 

気になるシーズーの仔犬がいたらスタッフの人に声をかけて、触らせてもらえるかを聞いてみましょう。

 

この時に、シーズーの健康状態なども確認しておきましょう。

 

知識のない人が犬を扱う事はできませんし、病気などのサインも見逃しがちなので、そういう面もチェックすると良いでしょう。

 

また法律が改正されて以降は、ペットショップには必ず「物取扱業登録証」がなくては営業出来ないことになっています。

 

物取扱業登録証がきちんと置かれているかどうかも確認しておきましょう。

 

ペットショップで売られているシーズーの仔犬の値段は安いと7万円代からあります。

 

高い場合は30万円近くすることもあります。

 

この違いは生後や性別が大きく関係しています。

 

生後2ヶ月までのシーズーの仔犬は高くなり、それ以降になると徐々に値段が下がってきます。

 

また、一般的にメスの仔犬は子供が産めるので、オスよりも少しだけ値段が高く設定されることが多くなっています。

 

この他、カラーや顔立ち、血統などによっても値段に違いが出てきます。

 

ペットショップの場合は、人件費や賃料、輸送費、仔犬の仕入代金などが上乗せされるので、ブリーダーの販売価格よりも高い価格になります。

 

ただし、シーズーを飼う時に必要な道具も全て買えますし、動物病院と提携しているところもあるので、手軽さや利便性で選ぶならペットショップでもいいでしょう。