シーズーのしつけ・性格・値段・歴史・寿命

シーズーの血統書

 

シーズーは純血種なので、仔犬を購入する時には必ず血統書が付きます。

 

もし、血統書がなくて激安価格で販売されているシーズーがいたとしたら、シーズーのミックス犬の可能性があります。

 

ミックス犬の場合、仔犬の頃はシーズーに見えても、成犬になるとシーズーとは違った顔や体格になります。

 

血統書はシーズーであることを証明するものでもあるので、必ず購入する時にはもらっておきましょう。

 

一般家庭で家族の一員として暮らす場合には、あまり血統書の出番がないのも事実です。

 

仔犬を迎え入れた時に、血統書を見ることはあるかもしれませんが、多くの方はおそらくタンスにしまい込んだままになっているのではないでしょうか?

 

交配をする時には必要になるので、保管はきちんとしておくといいですね。

 

血統書には、犬種、毛色、名前、性別、同じ時に産まれた兄妹の頭数などが記載されています。

 

他には、両親、祖父母、曾祖父母の名前などが記載されています。

 

一見すると犬の家系図といった感じですね。

 

最近では、4代までさかのぼった血統書も発行されるようになっています。

 

犬種ごとにグループ分けされていて、犬種の所属するグループ名なども記載されます。

 

シーズーの場合は、「第9グループ・コンパニオンドッグ&トイドッグ」と言うグループになるので、確認しておきましょう。

 

日本の場合は、JKC(ジャパンケンネルクラブ)が血統書の登録と管理を行っていますので、おそらくほとんどがJKCの血統書になると思います。

 

血統書を申請し、登録するのは犬の繁殖者になるので、犬を購入した場合に、持ち主を変更したい場合には、その申請をすることもできます。

 

しかし、新しい飼い主さんもJKCの会員にならないと血統書の変更ができませんので、詳しいことはJKCのホームページで確認して下さいね。