シーズーのしつけ・性格・値段・歴史・寿命

シーズーとミニチュアダックスフンドのミックス犬

 

ミニチュアダックスフンドは、ドイツ原産の小型犬です。

 

ミニチュアダックスフンドは猟犬で、嗅覚を使って獲物を探し追い詰めるハウンドドッグです。

 

ミニチュアダックスフンドは短足胴長の体型で、鼻はやや長め、筋肉が良く発達した垂れ耳が特徴的な犬です。

 

シーズーとミニチュアダックスフンドのミックス犬は、シークス、シーダックス、シダックスなどの相性で呼ばれています。

 

シーズー、ミニチュアダックスともに人気の犬種なので、シークスも人気のあるミックス犬になっています。

 

現在、ミックス犬の人気が高まっていることもあり、以前はミックス犬は安いというイメージがありましたが、今は純血種と同じか、それ以上の価格になっている場合もあります。

 

ちなみに、ブリーダーの平均販売価格は10万円前後になります。

 

シーズーとミニチュアダックスフンドは、鼻の長さが全く違います。

 

ペチャっとした鼻のシーズー、鼻の長いダックスとの間に生まれるシークスの場合は、ちょっとダックスにしては短めの鼻かな?といった感じの顔になることが多いですね。

 

 

どんな犬になるかは産まれてこないことにはわかりませんが、あまり鼻ペチャのシークスはいないようです。

 

一見ダックスに見えるシークスが多い気がします。

 

よーく見ると、どことなくシーズーの顔をしているとわかります。

 

被毛については、ロングコートのダックスとの間に生まれた場合には、シーズーとミニチュアダックスフンドの両方を楽しく事ができます。

 

毛を長くしていれば、シーズーっぽくなりますし、短めにカットすると、やっぱりダックスといった印象です。

 

ダックスの被毛のタイプでも、また変わってくるかもしれませんね。

 

耳はどちらともたれ耳なので、耳の病気予防のためにも、耳の中の毛の処理や、耳のケアは欠かせません。

 

シーズーは活発な面と、穏やかで落ち着いた面の両方を持ち、人や他の犬にも友好的です。

 

神経質な個体は少ないため、子供とも上手に接することが出来ます。

 

ミニチュアダックスフンドの性格は明るく活発で、好奇心が強く、物怖じしないと言われています。

 

負けず嫌いな面もあり、他の犬とは相性を選びます。

 

ただし、性格については、かなり個体差があるようなので、どんな性格でも個性と受け止めてあげることが大切です。