シーズーのしつけ・性格・値段・歴史・寿命

シーズーとミニチュアシュナウザーのミックス犬

 

ミニチュアシュナウザーは、ドイツが原産国の中型犬です。

 

シュナウザーはドイツ語で「口髭」を意味します。

 

そのため、口髭が長いのが特徴です。

 

シュナウザーの中で最も小さいのがミニチュアシュナウザーになります。

 

ネズミの駆除に最適なサイズの犬を作るために、スタンダードシュナウザーをもとにプードルやミニチュアピンシャーなどと交配し、作り出された犬種だと言われています。

 

フジテレビのドラマ「マルモのおきて」では「ムック」という名前のミニチュアシュナウザーが登場し、人間の言葉で主人公と会話を繰り広げていく様子が人気を呼びました。

 

シーズーとミニチュアシュナウザーはどちらも人気の犬種ですが、これらを組み合わせたミックス犬も密かに人気が高まっています。

 

シーズーとミニチュアシュナウザーのミックス犬の呼び名は、シーシュナ、シーザーなど色々あるようですね。

 

ミックス犬の呼び方には正式名がないため、自由に呼ばれています。

 

シーズーとミニチュアシュナウザーは体格や顔など、見た目が全く違う犬種ですね。

 

被毛のタイプも違うので、両親犬のどちらに似るかによって見た目も全く変わってきそうです。

 

 

シーズーはダブルコートで、長い被毛が特徴的です。

 

ミニチュアシュナウザーもダブルコートですが、ワイヤーヘアーと呼ばれる硬い毛が特徴的です。

 

抜け毛という点では、どちらに似ても多くなると予想できますね。

 

どちらの被毛の特徴が出るかによっては、定期的なトリミングが必要になるかもしれません。

 

性格に関してですが、天真爛漫のシーズーに対し、テリア気質を持つミニチュアシュナウザーは、好奇心も旺盛で警戒心が強い傾向にあります。

 

ただし、ミニチュアシュナウザーはテリアグループに分類されていますが、テリアの血統は受け継いでいません。

 

そのため、攻撃性は低いと言われていますが、性格によってはしっかりとしたしつけが必要になると覚えておきましょう。

 

ミニチュアシュナウザーは頑固な一面もありますが、子供との相性も良く、子供を守る行動をみせたり、愛情深く聡明で従順な一面もあります。

 

両方共に子供ともすぐに仲良くなれるという特徴もあるので、小さいお子さんのいる家庭でも飼う事ができます。

 

カラーや被毛のタイプなど、どんな犬に成長するか楽しみならが育ててみると良いでしょう。