シーズーのしつけ・性格・値段・歴史・寿命

シーズーの交配

 

自分の飼っている犬に子犬を産ませたい・・・。

 

これは誰でも一度は思う事かもしれませんね。

 

思うだけで実行に移さない人もいれば、実際に交配をさせて仔犬を産ませることもあるでしょう。

 

この時、もしも知り合い同士などで交配をさせるなら、まず遺伝性の疾患がないかなど十分確認してからにしてほしいですね。

 

何もせずにただ交配をさせてしまうのはとても勝手な行為であり、場合によっては不幸な仔犬を(生まれつき病気を持った仔犬)この世に送り出すことになってしまいます。

 

まず始めにこのことをよく考えてから決断してください。

 

相手が見つからない場合には、インターネットでブリーダーに依頼して、交配をしてもらう事もできます。

 

この場合には、各ブリーダーによって条件なども細かく設定されているので、必ず事前に確認してから問い合わせをしてみましょう。

 

交配をさせることになった時、事前にやっておくことや、注意することもあります。

 

まず、ワクチン接種、狂犬病の予防接種が済んでいることです。

 

これは証明書があるので確認しやすいですね。

 

交配の少し前には、シャンプーを済ませておくのもマナーです。

 

もちろん、ノミやダニなどもいないことは当たり前ですね。

 

ノミやダニの駆除もしておきましょう。

 

健康であることは何よりも大切な条件です。

 

日程を決めても犬の体調が悪ければ、次の機会まで待つくらいの余裕と愛情を持ってあげてください。

 

細かい条件に関しては、直接各ブリーダーに問い合わせるのが一番ですね。