シーズーのしつけ・性格・値段・歴史・寿命

シーズーとキャバリア・キングチャールズ・スパニエルのミックス犬

 

キャバリア・キングチャールズ・スパニエルは、イギリス原産の小型犬で、昔からイギリスの貴族の愛玩犬として長く愛されてきました。

 

日本ではキャバリアと呼ばれています。

 

シーズーとキャバリア・キングチャールズ・スパニエルは、全く見た目の異なる犬種ですね。

 

キャバリア・キングチャールズ・スパニエルは、「大きな目」、「垂れ耳」、「豊富な飾り毛」が特徴的な犬種です。

 

シーズーとキャバリア・キングチャールズ・スパニエルのミックス犬で調べてみましたが、あまり数が多くないのではっきりと言い切れませんが、私が見た子は見た目がほぼシーズーでした。

 

呼び方に関してですが、ミックス犬は決まった呼び方がありません。

 

シーズーとキャバリア・キングチャールズ・スパニエルのミックス犬なので、シーキャバと呼ばれることが多いようですね。

 

顔の大きさは違いますが、お顔の雰囲気はちょっと似ている気がします。

 

キャバリアの方が少しお鼻は長いものの、なんとなくペチャっという印象なので、シーキャバもペチャンコのお鼻になる可能性があります。

 

 

ミックス犬の場合、産まれてこないことには、どちらの特徴や個性が強く出るかは全くわかりません。

 

ただし、耳はどちらもたれ耳なので、シーキャバもたれ耳になります。

 

お耳のお手入れやケアはしっかりと行いましょう。

 

性格はシーズーとキャバリア・キングチャールズ・スパニエルともに、人なつっこく社交的なのでしっかりとしつければ、とても飼いやすいと思います。

 

ただし、どちらも寂しがり屋なので、長時間のお留守番は苦手です。

 

お留守番のしつけはしっかりと行いましょう。

 

どちらもちょっぴり甘えん坊なところもあるので、毎日のスキンシップは欠かさず行いましょう。

 

また、シーズーとキャバリア・キングチャールズ・スパニエルともに目が大きく前に出ていますので、目の病気になりやすいため、目のケアも欠かさずに行いましょう。

 

涙ヤケ防止のローションもあるので、そういうものを使うとケアもしやすいでしょう。