シーズーのしつけ・性格・値段・歴史・寿命

シーズーの肛門腺絞りのやり方

 

小型犬は、肛門腺が溜まりやすいので、定期的に絞ってあげる必要があります。

 

お尻を床にこすりつけたり、お尻を付けたまま前足だけで歩くようなしぐさをした時には、肛門腺が溜まっているサインです。

 

そのままにしておくと肛門膿が溜まり破裂してしまう事もありますし、肛門の周りに穴があいてしまい、手術をしないといけなくなるので、定期的に絞ってあげましょう。

 

シーズーの肛門腺絞りのやり方については他の犬と同じです。

 

肛門の周りの4時と8時の辺りを指でつまみ、絞るようにして押し上げるのですが、コツをつかむまではちょっと難しいかもしれません。

 

肛門腺絞りをする時は、こちらの動画も参考にして下さいね。

 

 

上手にできないと犬も痛がって暴れたりするので、自分では無理な場合には、トリミングに出した時に爪切りや肛門腺絞りも一緒にお願いしておくといいですね。

 

動物病院でもやってもらえるので、肛門腺が溜まってきたな〜と思ったら、病院でやってもらうもの良いでしょう。

 

この時、自分でも出来るようにやり方を教えてもらうといいですね。

 

肛門膿はすごく臭いので、自宅で行う場合にはシャンプーの前に済ませておくとべストです。

 

肛門腺だけ絞る時には、犬の体にも使えるような安全な消臭スプレーをティッシュなどにしみ込ませて、絞った後にキレイに拭き取ってあげましょう。