シーズーのしつけ・性格・値段・歴史・寿命

シーズーのカットのやり方

 

シーズーには色々なカットの仕方がありますね。

 

常に短めのサマーカットにしていることもあれば、全身を長くしてラッピングしていることもあります。

 

サマーカットよりは少し長めにして、耳の毛は長くしてリボンを付けるのもとても可愛いですね。

 

カットで大切なのは飼い主さんが一番お手入れがしやすいスタイルにしておくことでしょう。

 

ショードッグのように長くフサフサの毛に憧れて長くしていても、しっかりとお手入れをする時間がないなら、毛が絡まったり、切れてしまったりするので意味がありません。

 

ショードッグではない場合には、ブラッシングだけで済むように短めにしておくといいですね。

 

トリミングに出す場合には、飼い主さんの希望を伝えておけば、その通りにカットしてくれます。

 

自分でカットする場合には、インターネットやカットの本などを参考にすると良いでしょう。

 

インターネットで「シーズー カット」で検索すると、写真入りで説明してあるものもありますし、動画でカットのやり方を公開している人もいるので、参考にしてみましょう。

 

 

最初からハサミを使うのは素人には無理なので、ペット用のバリカンなどを使うといいですね。

 

 

ペット用のものは、刃先にガードが付いているので、皮膚に当たっても切れることがないので安全です。

 

 

一人で行うのが難しい場合には、誰かに手伝ってもらうと、カットしやすいのでオススメです。