シーズーのしつけ・性格・値段・歴史・寿命

シーズーの爪切りのやり方

 

「爪切りは、犬が一番嫌がるので苦手〜!」と言う飼い主さんも多いかもしれません。

 

一度でも痛い思いをさせてしまうと、爪切りが大嫌いな子になってしまうので、最初の爪切りは慎重に行いましょう。

 

かと言って爪切りをしないでそのままにしておくと爪が伸びて、爪の先が丸まり、肉キュウなどに刺さってしまいます。

 

この場合には、トリミングに出した時に、爪切りもセットで頼むことができますし、動物病院でも爪切りだけしてもらえるので、どちらかに任せましょう。

 

自分で行う場合には、犬の爪の色によってもやり易さが変わります。

 

爪が白い子は透き通っているので、血管の位置も目で確認することができます。

 

爪が黒い場合には血管が見にくいので、特に慎重に行いましょう。

 

一気に切ろうとせずに、角度を変えながら少しずつ切っていけば失敗もなく切ることができます。

 

黒い爪の場合には、ある程度切っていくと爪の中心にうっすらと血管の名残のようなスジが見えてきます。

 

それ以上切ると血管を切って出血しますし、犬も痛がるので、そこで止めておきましょう。

 

2回目に切る時には、前回切ったところにもスジのようなものがあるので、そこを目安に切っていきます。

 

シーズーの爪切りをする時は、ペット用の爪切りを使って下さい。

 

 

万が一出血させてしまった場合に備えて、爪切りをする時には、止血剤も用意しておくといいですね。

 

 

血が出てしまった時も慌てず、止血剤を指に乗せ、爪に擦り込んでいけばすぐに血は止まります。

 

この時、飼い主さんが大慌てでパニックになってしまうと、犬も動揺して不安になり、爪切りが嫌いになってしまうので、落ち着いて行いましょう。