シーズーのしつけ・性格・値段・歴史・寿命

シーズーのシャンプー

 

シーズーは、皮脂が他の犬種に比べて少し多いので、独特の体臭があります。

 

これは犬種の特徴なので仕方ないことなのですが、シャンプーをする場合には、月に1回〜2回で十分なので、洗いすぎには注意しましょう。

 

皮脂が他の犬種より多くても、皮膚や被毛を保護するために必要な皮脂まで洗い流してしまうと、乾燥肌になってしまいます。

 

人間でもそうですが、乾燥すると皮膚がかゆくなり、カサカサになってしまうとフケも出てきます。

 

人間と同じように犬も痒みを我慢できませんので、体中を引っ掻き傷つけてしまいますので、洗いすぎは禁物です。

 

トリミングに出しているなら、自宅でシャンプーをすることはほとんどないと思います。

 

自宅でシャンプーする時は必ずペット専用のシャンプーを使って下さい。

 

人間と犬の皮膚は構造が違います。

 

人間の皮膚は厚く丈夫ですが、犬の皮膚は人間と比べると大変薄くなっています。

 

そのため、とてもデリケートで刺激に対して敏感です。

 

人間用のシャンプーは、人の頭皮に合わせて作ってあります。

 

ワンちゃんの薄くデリケートな皮膚を洗うのには刺激が強すぎるので向いていません。

 

人間用のシャンプーは洗浄力が強いので、たった1回のシャンプーでも皮脂をほとんど落としてしまう可能性があります。

 

そうすれば、皮膚が乾燥しフケやかゆみが出て被毛の状態を悪くしてしまいます。

 

皮膚炎などの原因にもなりますので、必ずペット用のシャンプーを使って下さい。

 

また、保存料や香料などの添加物が多く入っているものが多いので、人間用のシャンプーを犬に使用することはお勧めできません。

 

その点、ペット用のシャンプーは、犬の皮膚と被毛に合わせて作ってあるので安心して使用できます。

 

シーズー専用のシャンプーなどもありますので、そういうものを使うのもいいですね。

 

皮脂を洗い流しつつ、潤いもキープできるような成分が配合されているので、月に1回〜2回のシャンプーでも、脂臭くならずに済みますし、皮膚の乾燥も防いでくれるので一石二鳥です。

 

動物病院で取り扱っている物もありますし、通販で購入できるものもあるので、色々調べて自分の犬に合うシャンプーを見つけてみましょう。

 

 

自宅でシーズーのシャンプーをする時は、お風呂場を使うことが多いと思いますが、外でシャンプーをする時はペット用のバスタブを使うと便利ですよ。

 

 

シャンプーをする場合には、季節に関係なく、毛の内側や根元までしっかりと乾かしましょう。

 

乾かし残しがあると、風邪をひかせてしまったり、湿気で蒸れて皮膚病になることもあります。

 

この為、毛の根元まで完全に乾かすことが大切です。