シーズーのしつけ・性格・値段・歴史・寿命

シーズーのラッピング

 

ラッピングと言うのは、プレゼントなどを綺麗に包装する意味もありますが、犬の場合には被毛を保護することを意味します。

 

シーズーの場合は、頭の毛を一つにまとめてオデコのところでまとめたり、耳にリボンを付ける時にもラッピングになります。

 

トリミングに出す場合には、必ずリボンを付けてくれるところもありますね。

 

でも、夢中になって遊んでいるうちに、リボンが取れてしまったり、足で引っ掻いて取ってしまうなんてこともよくある話です。

 

そんな時は、自分でラッピングをしてみましょう。

 

最初はちょっと難しいと感じますが、コツさえつかんでしまえば意外と簡単に行きます。

 

ラッピングには、専用のラッピングペーパーと被毛を保護するオイル、ヘアークリップ(小)、コーム、ゴムが必要になるので、用意しておくといいですね。

 

ラッピングペーパーは、セット・ペーパーと呼ばれることもあります。

 

通販でも購入できますし、トリミングのお店で分けてもらえることもあるので、聞いてみましょう。

 

 

オイルは調理用の「オリーブオイル」でも大丈夫です。

 

毛の長さによって、ラッピングペーパーの長さも色々あるので、毛の長さに合わせたり、長い場合はカットして使えます。

 

充分ブラッシングした後、オリーブオイルを数滴手に取り、束ねる部分の毛束になじませます。

 

その後、人間の髪を束ねる要領でコームを入れ、ヘアークリップで縛る部分の少し上を仮止めします。

 

ペーパーを片手で結ぶ箇所に固定して、空いている手で巻き付け、巻き終りをまた先の片手で固定します。

 

最後に空いている手でゴムを止めて出来上がりです。

 

この時、あらかじめゴムにリボンや飾りを付けておけば、ゴムで止めるだけで可愛く仕上がりますので、やってみて下さいね。