シーズーのしつけ・性格・値段・歴史・寿命

シーズーのブラシ選び

 

シーズーは成長と共に毛も長く伸びてきますので、毛の長い犬種用のブラシを使うのがオススメです。

 

ブラシにもいくつか種類があるのですが、シーズーにはピンブラシと呼ばれているブラシがいいですね。

 

 

成犬になってから、トリミングなどで毛を短くカットする場合には、それほど毛のお手入れも手間がかかりませんが、毎日のブラッシングは欠かせません。

 

短くカットしている場合でも、耳の付け根や脇などの毛はきちんとブラッシングをしていないと、絡まって毛玉になりやすいので注意してください。

 

もつれてしまった毛をとかす時には、スリッカーブラシが便利ですね。

 

 

それでも毛玉がほぐれない時は、少しずつカットしながらほぐしていきましょう。

 

仕上げはコームを使うと、さらに毛がフワフワになるので、余裕があればコームもそろえておきたいですね。

 

 

ブラッシングを行う事で全身の血行も良くなりますし、抜け毛もブラシで取れるので、換毛期などには念入りにブラッシングをしてあげましょう。

 

シーズーはダブルコートなので、換毛期にはごっそりとアンダーコートが抜けます。

 

しっかりとブラシで取り除いてあげないと、蒸れて不衛生な状態になり、皮膚に炎症を起こすこともあります。

 

アンダーコート専用のブラシもあるので、そういうものを用意しておき、季節によって使い分けてもいいですね。