シーズーのしつけ・性格・値段・歴史・寿命

椎間板ヘルニア

 

椎間板ヘルニアとは、脊髄を支えている椎間板に必要以上の負担がかかることで、椎間板の髄核が飛び出してしまい神経を圧迫してしまう病気です。

 

神経を圧迫するので、激しい痛みを伴いますし、麻痺を起すこともあります。

 

シーズーだけでなく、胴の長いダックスなども椎間板ヘルニアになりやすい傾向になるので、注意しておきたいですね。

 

椎間板ヘルニアの主な原因は、激しい運動と肥満です。

 

どちらも、椎間板に無理な負担をかけることになるので、飛んだり跳ねたり、ジャンプして体をねじったりするような運動はできるだけ避けるようにしましょう。

 

また、肥満で体重を支える時に、四肢以外にも椎間板に負担がかかり、椎間板ヘルニアになることもありますので、食事管理は徹底しておきましょう。

 

椎間板ヘルニアの症状としては、歩くと痛がったり、抱きかかえる時に酷く痛がったり、歩き方がおかしいなどがあります。

 

神経を圧迫するので、下半身が麻痺してしまい、歩行だけでなく、排泄なども自力でできなくなることもあります。

 

椎間板ヘルニアの治療に関してですが、安易に手術をするのは危険だという説もあります。

 

まずは、どのように治療を進めていくのか、獣医師と十分話し合いをしましょう。

 

不安がある場合には、セカンドオピニオンを受けてみるのも良いでしょう。

 

椎間板ヘルニアに詳しい獣医さんを探すのもいいですね。

 

何よりも、日ごろから極度に激しい運動をさせたり、肥満にさせないよう管理するのも飼い主の務めです。