シーズーのしつけ・性格・値段・歴史・寿命

糖尿病

 

糖尿病は人間にもある病気ですね。

 

原因も症状、仕組みも全く同じです。

 

インスリンと言うホルモンの分泌が低下することで、血液中の血糖値が高くなり様々な症状を引き起こす病気です。

 

糖尿病の症状としては、多飲多尿・食欲はあるのに痩せていくなどです。

 

人間でも同じですが、糖尿病になると独特の口臭がするようになります。

 

症状が進行すれば、昏睡状態になり、やがては死んでしまう事もあります。

 

また、糖尿病から来る合併症で、白内障になったり、免疫力の低下で細菌感染しやすくなってしまうので、注意が必要です。

 

犬の糖尿病の場合、原因として考えられるのは、遺伝性のものと肥満です。

 

これも人間と全く同じですね。

 

犬も体質が似ますので、肥満になりやすいシーズーは食事や運動管理を徹底しましょう。

 

また、糖尿病がある犬は繁殖させないという決断も必要になります。

 

糖尿病の治療には、インスリン注射が効果的ですが、一生涯打ち続ける必要があります。

 

症状が落ち着いたからといって、飼い主さんの勝手な判断で、インスリン注射を止めることはできません。

 

飼い主さんも、一生付き合っていく病気なのです。

 

ドッグフードも糖尿病用の療法食に切り替えたり、食事の回数や量も改善していく必要が出てきます。

 

糖尿病は合併症なども多くなりますし、酷い場合には命を落とすことも珍しくありません。

 

日ごろから、食事と運動をしっかりと管理して、肥満にさせないように注意する事も大切ですね。

 

シーズーは肥満になりやすいので、注意しておきましょう。