シーズーのしつけ・性格・値段・歴史・寿命

白内障

 

犬の病気には、人間と全く同じ病気もいくつかあります。

 

白内障もその中の一つですね。

 

目の水晶体と言う部分が白く濁って行く病気で、症状が進行するとやがては失明してしまう事もあります。

 

一般的には、高齢犬に多い病気ですが、まれに若年でも発症することがあります。

 

また、生まれつき水晶体が濁っている、先天性白内障と言うのもあります。

 

これは完全に遺伝によるものなので、白内障の病気の犬は繁殖させてはいけません。

 

後天性の場合には、目に傷をおったり、糖尿病が原因で、白内障を併発することもあります。

 

白内障になった場合には、見た目にも目が白く濁っているのがわかるので、すぐにわかると思います。

 

進行する速度は、個体差があり、ゆっくりと進行していく場合もあれば、急激に視力を失う事もあるといいます。

 

後天性の場合には、目に傷を付けないように注意することや、肥満を防ぐことで予防につながります。

 

白内障は治療も可能ですが、完治は難しい病気です。

 

点眼薬などで、病気の進行を遅らせるしかできません。

 

手術で治療も可能ですが、網膜自体が委縮している場合には、手術をしても効果がないので手術は行えません。

 

手術前には、必ず網膜の検査をするようです。

 

白内障も早期発見、早期治療が大切です。

 

ある程度の年齢になってきたら、目の検査などもしておくと良いでしょう。