シーズーのしつけ・性格・値段・歴史・寿命

外耳炎

 

外耳炎は耳の穴から鼓膜までの外耳部分に炎症が起きる病気です。

 

シーズーなどの耳がたれている犬種は外耳炎になりやすいので、耳の状態を常に確認しておくようにしましょう。

 

外耳炎の原因となるのは、耳ダニや細菌や真菌感染です。

 

外耳炎になると、黒いべたついた耳垢が溜まるので、すぐにわかるはずです。

 

この耳垢はとても臭いので、顔を近づけると独特の臭いがするので、これもすぐにわかります。

 

外耳炎に効果的なのは、耳掃除ですね。

 

しかし、ただ耳掃除をすればいいというものでもありません。

 

耳掃除も正しい方法で行う事が大切です。

 

耳の洗浄液を使う事で、効率的に耳垢を除去できます。

 

同時に抗菌剤や抗生物質を投与することで治療が可能です。

 

完治しますが、再発もしやすいので、治療はしっかりと行いましょう。

 

耳掃除の方法ですが、綿棒などを使って耳垢を取ろうとすると、逆に耳垢を奥に押し込んでしまう事になり、逆効果です。

 

こういう場合には、耳の洗浄液を使いましょう。

 

耳に洗浄液をたらし、軽く揉み耳垢を浮かせます。

 

あとは、犬が頭をプルプルと振る時に、勢いよく耳垢が飛び出してくるので、綿棒で無理に取り除く必要はありません。

 

耳の洗浄液は、一般向けに市販されている物もありますし、動物病院で分けてもらえる場合もあります。

 

健康診断やワクチンを打ちに行った時に、耳掃除のことを聞いてみるといいですね。