シーズーのしつけ・性格・値段・歴史・寿命

歯肉炎

 

歯肉炎は、人間と全く同じ原因と同じ症状になります。

 

本来犬も人間も、健康な歯肉はキレイなピンク色をしています。

 

歯肉炎になると、炎症を起こしているわけですから、赤く腫れたり、出血したりしてきます。

 

酷くなれば、口臭もしますし、症状が進行すると歯槽膿漏になり、歯がぐらぐらしてくるので、ものが噛めなくなり、噛むと痛みを感じるので、食欲なども低下してきます。

 

常に口の中が不衛生な状態になるので、細菌を飲みこんでいるのと同じ状態になるため、内臓などにも影響を及ぼすようになります。

 

歯肉炎の原因は、歯についた食べカス、つまり歯垢です。

 

仔犬や若い犬であれば、乳歯から永久歯に生え換わるので、その時に歯磨きの習慣を付けておきましょう。

 

成犬になってから、歯磨きをしようとしても、習慣が付いていないときちんと歯を磨かせてくれません。

 

歯垢は蓄積されることで、歯石となり、歯肉の奥に入り込み、歯周病の原因になります。

 

いったん歯石になってしまうと、簡単には取り除くことはできません。

 

全身麻酔をかけ、機械で歯石を除去することになります。

 

歯周病が進めば、歯石を取っても、歯を支えている骨まで溶かしてしまうので、歯を抜くしかない場合もあります。

 

歯がなくなれば、噛み合わせのバランスが崩れ、いずれは全ての歯が抜け落ちてしまいます。

 

そうなる前に、歯磨きの習慣を付けることが大切なのです。