シーズーのしつけ・性格・値段・歴史・寿命

乾燥性角膜炎

 

乾燥性角膜炎と言うよりも、ドライアイと言った方がわかりやすいかもしれませんね。

 

シーズーのように、目が大きく少し前に出ているタイプの犬種によくある病気です。

 

通常は、涙で目の表面を保護しているのですが、涙腺にトラブルが起きた時、目の大きさに比べて、涙の量が追い付かず、結果的に目の表面が乾燥してしまいます。

 

体調を崩した時だけ、涙腺が正常に働かず、目が乾くのならいいのですが、常に涙が不足していると、角膜に炎症を起こしてしまいます。

 

ドライアイを経験した人ならわかると思いますが、目が乾くと言うのはとても辛いものですし、時には痛みを感じることもあります。

 

犬はドライアイになった場合、その違和感を我慢することができず、しきりに前足で目をこすったり、床にこすりつけて、角膜を傷つけてしまいます。

 

こうなってしまうと見た目にも、充血したり、目ヤニの量が多くなったりするので、飼い主さんもすぐにおかしいと気づくはずです。

 

乾燥性角膜炎になってしまった場合には、点眼薬などで乾燥している目に潤いを与えてあげることで症状は緩和されます。

 

目薬を使う事で良くなったとしても、再発しやすいので、治療は根気よく続けていくことが大切です。

 

シーズーは、乾燥性角膜炎になりやすいので、今は症状が出ていない場合でも、涙の量を検査することもできますので、将来のために一度検査をしておくのも良いでしょう。