シーズーのしつけ・性格・値段・歴史・寿命

股関節形成不全

 

股関節形成不全とは、病名が表す通り股関節が何らかの原因で、正常に成形されない病気です。

 

どちらかと言えば、大型犬に多い病気なのですが、原因の一つに肥満があります。

 

シーズーは元々、見かけによらず筋肉質な体つきをしていますね。

 

ちょっと食べ過ぎてしまうと肥満になりやすいので、股関節形成不全にも注意が必要なのです。

 

他の原因としては、主に遺伝であることがわかっています。

 

病気を受け継がせないためにも、股関節形成不全の病気を持つ犬は繁殖させないことです。

 

股関節形成不全の症状としては、腰を振って歩いたり、足や関節を触ると痛がることがあります。

 

足を引きずったり、スキップするような走り方をした時、オスワリの時にきちんと座れず、足をくずしたような座り方をします。

 

こんな時は、股関節形成不全の疑いがあるかもしれません。

 

股関節形成不全の治療についてですが、症状によっても治療法が変わってきます。

 

症状が軽く、犬の年齢も若い場合には運動の制限や、食事管理をしながら、関節の痛みや炎症を抑える鎮痛剤を投与しながら経過を見守ります。

 

それでも改善されない場合には、外科手術と言う方法を選択することもあります。

 

股関節形成不全は遺伝である場合には、病気を持っている犬は繁殖させない事、肥満が原因の場合には、食事や運動の管理をすることで、予防にもつながります。