シーズーのしつけ・性格・値段・歴史・寿命

鼻孔狭窄

 

鼻孔狭窄は、シーズーのような短頭種の犬に多い病気です。

 

生まれつき鼻孔が狭いため、呼吸がしづらい病気です。

 

また、子犬の時は、内臓や骨は成長途中にあり、特に鼻の軟骨は柔らかく呼吸するだけでも変形してしまう事があります。

 

短頭種の場合には、どうしても呼吸をする時、鼻孔に負担がかかってしまうので、生まれつき鼻孔狭窄の場合には、結果的に鼻孔がつぶれてしまう形になるのでしょう。

 

鼻孔狭窄といっても、症状には個体差があり、軽くほとんど症状がないものから、呼吸困難になったり、口で呼吸をしたりする場合もあります。

 

症状が酷い場合には、呼吸が上手くできないため、発育状態も悪くなることもあります。

 

鼻孔狭窄の治療法としては、呼吸を妨げている原因となる部分を切除して、鼻孔を広げていきます。

 

これにより呼吸がしやすくなるのですね。

 

しかし、外科手術を行うのは、ある程度成長するまで待った方がいいケースもあるようです。

 

これも個体差がありますが、成長とともに、鼻孔が広がっていくこともあるからです。

 

全ての鼻孔狭窄の犬がそうであるは言い切れませんが、成長とともに改善していくなら手術が必要なくなりますね。

 

どうするかは犬の状態を見ながら、獣医師と相談して決めていけばいいと思います。