シーズーのしつけ・性格・値段・歴史・寿命

眼瞼内反症

 

眼瞼内反症とは、瞼やまつ毛が内側に向いてしまう事(逆さまつ毛)で、角膜を傷つけ炎症を起こしてしまう病気です。

 

主な原因は遺伝であることがわかっているので、安易な繁殖がいかに危険であるかを理解してほしいと思います。

 

シーズーのまつ毛をよく見ると、とても長くキレイにクルンとカールしています。

 

大きなクリクリお目目に、長くカールしたまつ毛は、思わず羨ましくなってしまうほど可愛いものです。

 

眼瞼内反症の場合には、そのまつ毛が原因で角膜を傷つけてしまうので、瞼やまつ毛の状態は、注意深く観察するようにしましょう。

 

眼瞼内反症の症状としては、目に瞼やまつ毛が触れるので、目をこする、前足で引っ掻く、床に顔を擦りつけるといった行動をします。

 

これにより、目に炎症が起き、角膜を傷つけたり、角膜炎を起こすことになります。

 

酷くなると、角膜潰瘍になってしまうので、早期発見、早期治療が大切になります。

 

眼瞼内反症の治療としては、逆さまつ毛を抜き、角膜の炎症を抑えるため点眼薬を使って行きます。

 

症状が重い場合には、瞼の手術をすることもあります。

 

最新機器を完備している動物病院では、脱毛などに使うレーザーを使った治療をしているところもあるそうですね。

 

レーザー治療なら、体にかかる負担も少なく済みそうですが、ちょっと費用はかかってしまうかもしれません。