シーズーのしつけ・性格・値段・歴史・寿命

僧帽弁閉鎖不全症

 

僧帽弁閉鎖不全症は、心臓の病気になります。

 

心臓は全身に血液を送るという大切な役割がありますね。

 

この時、血液の流れ方も決まっているのですが、心臓の中には僧帽弁という、血液が逆流しないようにするフタのような役割を持つ部分があります。

 

僧帽弁閉鎖不全症は、何らかの原因で僧帽弁が上手く閉じなくなってしまう事で発症します。

 

原因については、遺伝のケースも多いため、僧帽弁閉鎖不全症の犬は繁殖させてはいけないという事を理解しておきましょう。

 

また、高齢犬に多く見られる病気なので、ある程度の年齢になったら、定期的な健康診断も行いましょう。

 

肥満が原因になることもあります。

 

シーズーは肥満になりやすい傾向にあるので、食事や運動の管理もしっかりと行いましょう。

 

僧帽弁閉鎖不全症の症状としては、咳、疲れやすい、水をたくさん飲むなどがあります。

 

動くと心拍数が上がって苦しくなるので、あまり動きたがらないこともあります。

 

僧帽弁閉鎖不全症になった場合には、治療も可能ですが、症状の緩和と、進行を抑えることしかできません。

 

この為、早期発見、早期治療が大切です。

 

人間と同じように、心臓の病の場合には、薬を飲み始めたら一生飲み続けることになります。

 

症状が緩和されても、病気が完治したわけではありませんので、飼い主さんの勝手な判断で投薬を止めることはできません。

 

僧帽弁閉鎖不全症は、一生付き合っていく病気です。