シーズーのしつけ・性格・値段・歴史・寿命

水頭症

 

シーズーがかかりやすい病気の一つに、水頭症という病気があります。

 

水頭症は、その名の通り頭に水が溜まってしまう病気です。

 

正確に言えば、脳の中の脳脊髄液が溜まることで脳内を圧迫して様々な症状が出る病気です。

 

症状は個体差があり、全く無症状のこともあれば、酷い場合には痙攣発作を起こしたり、歩けなくなってしまう事もあります。

 

やけにボーッとしていたり、物覚えが悪い、急に興奮したり、何もないのによく転ぶ時には、水頭症を疑う場合もあります。

 

原因いついては、遺伝の場合がほとんどですが、頭部に激しい衝撃を受けたり、ウイルス感染が原因で水頭症になることもあります。

 

原因が後天性の場合には、予防も可能ですが、先天性(遺伝)の場合には、予防はできません。

 

水頭症の病気を持っている家系の犬は、繁殖させない決断も必要という事です。

 

水頭症は治療が可能なので、少しでも異常が見られた場合には、すぐに治療を開始しましょう。

 

まず、脳圧を下げる薬を使います。

 

脳室に溜まっている脳脊髄液を腹腔などに流すため、手術をすることもあります。

 

ウイルス性の病気が原因の場合には、原因となっている病気の治療も合わせて行います。