シーズーのしつけ・性格・値段・歴史・寿命

熱中症

 

蒸し暑い夏には、気温も高くなります。

 

シーズーなどの小型犬も、熱中症になりやすいので注意が必要です。

 

まず、熱中症になる状態とは、どんな時なのかについて紹介しておきます。

 

室内で暮らしている場合、飼い主さんが留守にしている間、サークルの中や、室内でお留守番をしている子も多いと思います。

 

留守中でも、クーラーを付けておき、蒸し暑い夏にはカーテンを閉めて直射日光が差し込むのを防ぎましょう。

 

例えクーラーを付けていたとしても、サークルの中で過ごす場合、直射日光が当たればそこだけ気温が上昇します。

 

犬は涼しい所に逃げたくても、逃げ場がないため、熱中症にかかってしまう事もあります。

 

必ず直射日光が当たらないように工夫してあげましょう。

 

日中の散歩は避け、朝晩の涼しい時間帯に散歩に行くようにしましょう。

 

涼しい時間帯のお散歩の時にも、注意が必要になります。

 

シーズーなどの小型犬は、体高も低いため、高温になった地面や道路の熱をもろに受けてしまいます。

 

飼い主さんがそれほど暑く感じなくても、犬にとっては暑く、時には高温になったアスファルトで肉キュウをやけどしてしまう事もあるのです。

 

地面の温度なども常に確認するようにしましょう。

 

シーズーは短頭種ですから、呼吸もしづらいため熱中症にかかりやすい傾向にあります。

 

もしも、熱中症にかかってしまった場合には、すぐに体を冷やし、水分補給をします。

 

真水ではなく、塩水や砂糖水、薄めたスポーツ飲料などを与えます。

 

全身に水をかけ、濡らしたタオルをかけます。

 

保冷剤や冷凍食品でもかまわないので、脇、腿の内側、首の後ろを冷やすと効果的です。

 

意識がない場合は早急に動物病院に行く必要がありますが、意識があっても落ち着いたらすぐに病院に連れて行き、適切な治療を受けさせましょう。