シーズーのしつけ・性格・値段・歴史・寿命

アトピー性皮膚炎

 

犬にも人間と同じように、アトピー要因を持っている場合には、アトピー性皮膚炎になることがあります。

 

原因に関しては、遺伝が多いようですね。

 

アトピー要因を持っている時、原因が食物や、ハウスダストであった場合には、その原因になる食物やハウスダストを摂取することで、アトピー性皮膚炎が発症します。

 

シーズーは、アトピー性皮膚炎になりやすい犬種です。

 

症状としては、皮膚が柔らかいお腹や脇、太ももの内側、目や口の周り、足の指の間などに、湿疹のようなものができたり、皮膚が赤くなったりします。

 

激しい痒みを伴うため、犬は我慢ができず、噛んだり引っ掻いたりしてしまうので、炎症を余計に酷くしてしまう事も多くなります。

 

もしも、常に痒がったり、アレルギーのような状態が見られた時には、すぐに治療を開始してあげることが大切です。

 

アトピー性皮膚炎の対策と治療について見ていきましょう。

 

炎症や痒みを抑える薬を使い治療をしながら、まずアレルギーの原因となるものを出来る限り排除していきましょう。

 

ドッグフードが合わない時には、犬の体質にあった良質のドッグフードを探し、それに切り替えていきましょう。

 

薬用シャンプーで、体を清潔に保ちましょう。

 

洗いすぎは、皮膚や被毛を守るために必要な皮脂まで洗い流してしまうため、皮膚が乾燥して余計に痒みを強くする場合があります。

 

洗いすぎには十分注意し、皮膚の保湿もしてあげましょう。

 

室内を常に清潔にし、サークル、犬のベッドやハウスなども清潔な状態に保つようにしましょう。