シーズーのしつけ・性格・値段・歴史・寿命

肛門周辺に異常がないか確認する

 

小型犬は肛門の周りにある肛門腺が溜まりやすいので、定期的に絞ってあげる必要があります。

 

肛門の周りの毛は、常に短くカットしておきましょう。

 

短くカットしておくことで、肛門の状態もすぐに確認できますし、清潔に保つことができます。

 

肛門腺が溜まり過ぎると、肛門の横にある肛門膿の袋が破裂して、肛門の周囲に穴があいてしまう事もあります。

 

トイレをした後や、普通に遊んでいる時などに、お尻を床にこすりつけるような行為をした時には、肛門腺が溜まっているサインであることが多いです。

 

肛門の4時と8時のところを軽くつまみ絞るようにすると、肛門腺に溜まった膿のようなものが出てきます。

 

とても臭い臭いがするので、肛門腺を絞る時には使い捨ての手袋を使うと良いでしょう。

 

しかし、これはコツをつかむまでちょっと難しく、自分では上手にできない場合も多いと思います。

 

そういう時には、トリミングに出した時に、肛門腺の処理も頼むことができますし、動物病院でも肛門腺絞りをしてもらえるので、任せてしまう事もできます。

 

自分でできない場合には、定期的に連れて行き肛門腺を絞ってもらいましょう。

 

肛門腺を絞る時は、お尻の周りの毛をできるだけ短くしておいた方が処理しやすいです。

 

毛に肛門腺の膿が付いてしまうと、なかなか臭いが取れませんので、お尻の周りの毛は常に短くしておくといいですね。