シーズーのしつけ・性格・値段・歴史・寿命

皮膚・体毛に異常がないか確認する

 

シーズーの健康管理対策の一つとして、毎日のブラッシングはとても大切なことなので、丁寧に時間をかけて行いましょう。

 

トリミングに出して短めに毛をカットしていても、ブラッシングをすることで全身の血行も良くなりますし、健康面でもとてもいいことなのです。

 

また、ブラッシングをする時には、皮膚の状態なども確認しながら行いましょう。

 

もしも皮膚に炎症が起きているのに、通常通りブラッシングをしてしまうと、使うブラシによっては皮膚を傷つけ、炎症を酷くしてしまう可能性もあります。

 

皮膚に異常はないか、フケが異常に出ていないか、かさぶたなどがないか、というところも注意深く見ておきましょう。

 

また、体毛の様子も健康のバロメーターになります。

 

健康なシーズーの毛は、ツヤもありフサフサです。

 

毛ヅヤが悪かったり、パサついていると感じた時はどこかに原因があるはずです。

 

体を異常に痒がったりしている場合には、それも必ず原因があるはずです。

 

ちなみに、シャンプーのし過ぎでも、必要な皮脂まで洗い流してしまい皮膚を乾燥させてしまうので、痒がる原因になることがあります。

 

シャンプーの頻度も、ほどほどにしておきましょう。

 

ストレスがたまった場合でも、体調を崩してしまい皮膚・体毛に異常が出る場合があります。

 

犬とのスキンシップも大切なことなので、健康管理のためにも毎日のスキンシップの時間もたっぷり取ってあげましょう。