シーズーのしつけ・性格・値段・歴史・寿命

足に異常がないか確認する

 

シーズーは小型犬の中でも比較的、ガッチリとした体格をしています。

 

また、どうしても太りやすい傾向にあるので、肥満対策もしっかりと行う事が大切です。

 

太ることで、足腰、背骨にも負担がかかりますし、シーズーはとても活発なので、体重を支えきれず椎間板ヘルニアなどにもなりやすいので注意しましょう。

 

また、個体差があるものの、脂症の体質の子もいます。

 

定期的なシャンプーで全身を清潔に保つことも大切です。

 

自宅でシャンプーをする場合には、手や足の指の間までしっかりと乾かしてあげるようにしましょう。

 

湿ったままでおくと、そこを舐めて乾かそうとします。

 

口の中には雑菌も多いので、舐めることで爪や指の間に炎症を起こし皮膚炎を起こすこともあります。

 

雨の日のお散歩の後にも、清潔なタオルでキレイに拭き取り、乾かすことも忘れずに行いましょう。

 

足に異常がある場合には、関節や骨などの異常の他に、こういった爪や指の間の炎症なども含まれます。

 

毎日の生活の中で、常に清潔を意識することで皮膚炎などの予防ができますね。

 

トリミングに出している場合でも、どうしても手足の裏の毛が伸びてきますので、自宅でもカットできるように、ペット専用のバリカンを用意しておくと良いでしょう。

 

これがあれば、お尻の周りの毛や耳の毛なども安全にカットできますので、とても便利です。