シーズーのしつけ・性格・値段・歴史・寿命

耳に異常がないか確認する

 

シーズーのように耳がたれている犬種は、どうしても耳の中が蒸れてしまうので、耳の病気になりやすい傾向にあります。

 

また犬によって体質にも個体差がありますが、シーズーの中には脂症の体質の子もいます。

 

この場合は耳掃除も毎日ではなくても定期的に行うようにしましょう。

 

また、耳の中にはびっしりと毛が生えています。

 

この毛があることで、通気性を悪くしてしまい、耳にトラブルが起きた時に悪化させてしまう原因にもなるので、耳の中の毛も抜くなどの処理をしておくといいですね。

 

自分でもできますが、自信がない場合には、トリミングに出した時にお願いしておけば、耳の中の毛の処理もしてもらえますし、動物病院で抜いてもらう事もできます。

 

どちらでもいいので、飼い主さんが良いと思う方を選んでみてください。

 

また、自宅でシャンプーをする場合には、耳に水が入らないように、慎重にシャンプーをしましょう。

 

シャンプー後は耳の中も清潔なタオルやガーゼでしっかりと水気を取っておくことが大切です。

 

そのままにしておくと、不衛生な状態になり耳の病気になることもあります。

 

また常に耳を清潔にしようとするあまり、毎日綿棒で耳掃除をしてしまったり、強くこすってしまうと耳の中を傷つけてしまうこともあるので、耳掃除は適度に行うという事も大切です。

 

綿棒を使うと耳の中を傷つけたり、耳垢を奥に押し込んでしまう可能性もあります。

 

こういう場合には、耳専用の洗浄液が使いやすくて便利です。

 

通販などでも購入できますし、動物病院で分けてもらう事もできます。

 

1本あるととても便利ですよ。